読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kirschbaum

ハマっているモノについて徒然語るblog

ボス曲に関すること

※ 注意
 このエントリには音ゲーの中でもコナミBEMANIシリーズの内容が多分に含まれています。
 蕁麻疹等の症状が出る恐れがあります。


 BEMANIシリーズにおいて、ボス曲とは一種のカリスマ性を持った物だと認識しています。
 私が強烈にボス曲を意識したのは、DDRの「PARANOIA」シリーズでしょうか。
 このシリーズはDDRというダンスを意識した音ゲーの中、踊らせるという行為を制限し、ひたすらステップを踏ませるということを目的としているシリーズです。
 こと、DDRに関してはダンスミュージックコンピレーションの「dancemania」シリーズから楽曲を出しているので、これらの曲と一線を画すこのPARANOIAという楽曲は、ボス曲というに相応しい風格を持っていました。
 
 音楽ゲームという性質上、音楽を楽しむだけではなくクリアする爽快感を併せ持った楽曲は必要であるのは理解できるところです。クリアできない曲をシリーズが重なっていく毎に増やしていく。それは、確かに理解できるのです。
 しかし、そうやって難易度を上昇させていった結果、現在のBEMANIシリーズは一時期ほどの人気はあまりありません。あまりに上級者を相手にしすぎていると感じているのは、私だけなのでしょうか?

 ただ、最難易度の曲が昔から変わっていないシリーズも、中には存在します。
 ギタドラシリーズには、シリーズ3(4)作目に登場した「DayDream」という曲が、今でも上級者を苦しめています。(ちなみに、現在ギタドラシリーズは15作品以上登場しています)
 ギタドラに関しては、この曲が登場した段階からある意味でストッパーになっていたのかもしれません。作曲をした泉陸奥彦氏から「絶対にクリアできないような曲にしようと思った」と言わせてしまっているこの楽曲。これを頂点としているため、シリーズごとに難易度のインフレが起こることを抑えられていたのかもしれません。


 また、ボス曲がボス曲としての風格を併せ持つことができる要素の一つに、いわゆる隠し要素として曲を解禁させるという部分があることも、忘れてはなりません。
 ギタドラシリーズは古くから、FinalStageまでの評価でその後「ExtraStage」や「EncoreStage」等で、通常では選択できない楽曲(高難易度)の楽曲を選択することができるシステムを組み込んでいました。これら、通常ステージでは出せない楽曲にすることによって、ボス曲としてのカリスマ性を持っていたのかもしれません。


 また、これら「ExtraStage」は高評価を受けないと、次の「EncoreStage」(ゲームによってはOneMoreExtraStage)へは到達できません。
 通常、どんなに難易度がインフレしても、上級者は最後まで行く事ができていたのですが、beatmaniaIIDXにはOneMoreExtraStageへ誰も到達することすらできなかった楽曲があります。
 『beatmania IIDX 12 HAPPY SKY』に収録されていた「冥」という楽曲です。
 これは、OneMoreExtraStageまで行って解禁した人間は一人も居ないという非常に珍しい楽曲です。今現在でも、システムのひとつである「段位認定」の最上級皆伝のラストを飾るため、難易度的にも、解禁に関する経緯からも、カリスマを十二分に持った楽曲ではないかと思います。
 ちなみに、この作品のExtraStage曲である「SCREAM SQUAD」は、最強の門番という称号を与えてもらうほどの楽曲でした。穴スクスカでAAAとか無理だろJK。

 BEMANIシリーズのボス曲は(当時の難易度として)どれも頭ひとつ抜きん出た物がプレイヤーの共通認識となることが多いようです。
 また、難易度が高いだけではなく、隠し要素などが絡んでくると「最後に登場した曲」という意味でも、ボス曲の風格が出てきますね。

 ちなみに、何でこれ書いたかというと。
 BEMANIシリーズの主戦場はアーケードであることは理解していますが、家庭用としてのシリーズも一応出していたんですよ。
 ただ、ACの移植物に関して、ギタドラはあまり発売されている物がありません。ポップンも14以降のシリーズは移植されておらず、beatmaniaIIDXに関しても次回のEMPRESSで(PS2としては)最後とアナウンスされています。
 主戦場ではないとはいえ、家庭用の発売が急に途絶えてくると、ちょっと心配になってきたので、思い出の整理がてら、こんなことを書いたんですよね。


 ……長いな。面倒くさくなってきました。
 本当は自分が印象に残ったボス曲とか結構書きたかったんだけど、それやると相当長くなっちゃうので、この辺で。


PS:
 BEMANIシリーズ以外だと、たとえば太鼓の達人でいえば「2000シリーズ」、つい最近発売になった初音ミクであれば「初音ミクの消失」が、ボス曲として君臨していたかと思います。
 音楽ゲームってなんであれ、やっぱりボス曲が必要なのかもしれませんね。