読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kirschbaum

ハマっているモノについて徒然語るblog

【C86感想】カーテンウォールの家/鈴宮きりはさん『夜間飛行』(伊勢日向三部作)

さて、C86戦利品の感想。二日目は艦これジャンルから、私はラブライブ!ののぞえりジャンルでもとっても好きなカーテンウォールの家/鈴宮きりはさんの伊勢日向新刊『夜間飛行』です。 ====

IMG_0737
夏コミ新刊セット
(新刊+不織布トートバック+キュリアス紙ポストカード+限定4Pマンガ)
三部作完結編ということで、伊勢日向の既刊も一緒に写真に載せました 
  • 夜間飛行
    私がこの伊勢と日向のお話が好きになった理由の一つに、鈴宮さんが描く"艦娘観"が好きで、心地良く感じたからではないかという事が、完結編になってようやく分かってきました。
    中破で撤退。轟沈はさせない。雷撃処分もしない。スペアは持たない。ドロップは即解体。
    今ではそんな事を言っていては、まったく攻略できない位の難易度となってしまっている艦これですが、私はそういった鎮守府が好きです。
    伊勢と日向の心の交流を、姉妹であるとともに、艦娘として、一人の女性として、愛する対象として、3冊にわたって描かれていた物語。最上や時雨、二人の外から"この鎮守府"の世界観を形作って、でも主題は決してブレないように丁寧に描かれているなぁ、と思いました。
    物語をネタバレ無しで語るにはかなり辛いのですが、最後の伊勢と日向に涙腺が刺激されました。
    こういうの弱いんですよ、私。ぼく球の頃から(古い)

  • 夜間飛行その後の伊勢日向
    新刊セットの4Pマンガ。
    私個人としては、時雨とケッコンしているので、もちろん時雨は好きなんで、飄々としている時雨の思わせぶりな態度も可愛いのですが、ヤキモチを焼く伊勢が可愛くて仕方がありませんでした。
    ラストのセリフも、二人の絆を再確認できて、なんだかほのぼのしてしまいました。
ちなみに、新刊セットのトートバック。三日目にラブライブ! 島を駆けずり回る際に、大変お役に立ちました。
こういったキャラ絵の描かれていないけれども、見る人が見るとちゃんとそのジャンルの物になっているグッズは、非常に好みなので、今後の即売会などにも持っていきたいなぁ、と思います。 


新刊はとらのあなで扱っているようですので、気になった方は既刊も合わせてどうぞ!
特に伊勢日向がお好きな方はマストバイだと、個人的には思っています!

ラブライブ!ではのぞえりでお話を描かれている鈴宮さんが、次はどんなジャンルでどんなお話を描かれるのか、非常に楽しみです。
完結、本当におめでとうございます!