読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kirschbaum

ハマっているモノについて徒然語るblog

型月の発売日関連のGoogleカレンダーを作ってみました

昨今えらい勢いで発売されるTYPE-MOON関連書籍と円盤をGoogleカレンダーで作成しました。
お使いのGoogleカレンダーで連携すれば、発売予定日などが確認できます。
直近4月までは入れてありますが、5月以降については適宜入力していこうと思います。

https://calendar.google.com/calendar/embed?src=soan02rl40t3g1elo2kmvc1i4g%40group.calendar.google.com&ctz=Asia/Tokyo

使用する場合、以下の点に注意してください。

  • 個人が管理・編集している物です。間違いや見落とし等があるかもしれません
  • 全ての関連書籍・円盤を網羅している訳ではありません
    発売日が確定している物のみを抽出しています
  • 発売日が変更になったとしても、気づくまでにタイムラグがあります
  • 利用する場合は自己責任でお願いします

あくまで個人的に利用する物の流用になりますので、急に更新を停止する可能性があることをご了承ください。

グッズ類についてはあまりに数が膨大ですので、私が欲しいと思った物については追加する形にします。

初心者から熟練者までオススメ・FGOお役立ちリンク集

f:id:yuuki_r:20170305234506p:plain

iOS版開始当初からプレイしている『Fate/Grand Order』に関して、私がかなりお世話になっているサイトの紹介となります。
FGO関連の情報や攻略に必要な情報、便利なWebツールまで色々と取りそろえました

また、FGOには欠かせないFate関連作品に関する様々な情報を取り扱っているサイトもありますので、FGO本体以外の作品についても興味が出た方は、是非訪問なさってください。

続きを読む

【FGO】宝具の効果とオーバーチャージ

年末年始からこっち、何かと新規プレイヤーが散見されるFGO。
おすすめのサーヴァントや気をつける敵など、色々な新規プレイヤー向けのレクチャーが行われているのを見て、自分も少し記事を書いてみようかと。
特に、1年以上続けているプレイヤーでも未だに効果を勘違いしている宝具チェインとオーバーチャージについて、少し解説をしていければ、と。  ====

宝具のオーバーチャージ(OC)について

 

宝具レベル2以上にすると、NPが100%を超えて貯まるようになります。
その際、宝具発動時のNPチャージ量が100%以上100%ごとに様々な効果が高くなります。
これが、宝具のオーバーチャージになります。
  • 宝具レベル1だと100%まで
  • 宝具レベル2〜4で200%まで
  • 宝具レベル5で300%まで

 

オーバー500%
後述する宝具チェインと組み合わせると最大500%までチャージします
小ネタですが、OC量によって宝具名部分が豪華になります 

 

宝具チェインについて

 

宝具を連続してチェインに組み込む事で、2チェイン目以降の宝具発動時はオーバーチャージの効果を発揮します。
例として、宝具発動時のNP量は100%、3チェイン目に配置した場合は、100+100+100の合計300%オーバーチャージした際の効果を発揮します。

 

宝具チェイン

注意点としては、宝具カードは必ず連続している必要があります。1,3に宝具カード、2に通常のバスターカードを利用してしまうと、1,3どちらもNP量分しかオーバーチャージされないことに注意しましょう。
チェイン失敗
狙ってやる事はほとんどない宝具→通常→宝具のチェイン
これではOCの効果が付与されません 
チェイン失敗宝具
結果、3枚目の宝具はOCされず100%のままです

 

割と見落としやすいOCの効果

 

宝具のOCは、一見すると宝具の威力そのものをアップするように見えますが、基本的に宝具のダメージに対して効果を発揮するのは一部だけです。

 

アーラシュ
みんな大好き大英雄のアーラシュさん
「敵全体に超強力な攻撃[Lv.x]<オーバーチャージで威力UP>+自身に即死効果【デメリット】」

 

アーラシュのように、攻撃の威力に対してOCがかかっている物は、実はほとんどありません。大抵の宝具については、ダメージ量に直接OCの効果がかからずに、副次的なバフやデバフ等の効果がアップする物がほとんどです

 

アルトリア
型月のドル箱ことセイバー
「敵全体に強力な攻撃[Lv.x]+自身のNPをリチャージ<オーバーチャージで効果UP>」

 

アルトリアの宝具威力は、宝具レベル依存となります。
OCでアップするのは宝具発動後のNPリチャージ量(宝具発動後に貯まるNP量)となります。同様に、アルテラは宝具発動時の敵の防御力ダウン量等、威力そのものよりは副次的な効果がアップする物が多いです。

 

始めたばかりの方や、あまり宝具効果を確認しない方はOCで威力自体が上がると思っている方も多いと思います。
でも、副次的な効果がアップすることによって、宝具のダメージ量自体がアップすることもあります。

 

エイリーク
種火のお供の人も多いエイリークさん

 

エイリークはOCの効果が「自身の攻撃力を大アップ[1ターン]」にかかっています。
また、宝具でダメージを与える前にこの攻撃力アップの効果がかかりますので、結果的に宝具のダメージ量が上がる直接的な威力アップと同様の効果を得ることが出来ます。

 

エイリークの他にも、バスター等のカード効果が上がったり、ダメージより先に防御ダウンがかかる場合の効果が上がる等、OCによって直接宝具ダメージに影響がある効果もたくさんありますので、一度自分のカルデアにいるサーヴァントの宝具効果を確かめてみてはいかがでしょうか?

 

ダメージだけじゃない! OCで狙う即死効果

 

OCで上がる効果の中には「即死確率」をアップさせる物が多いです。
即死の効果がある宝具では、OCは基本的に即死確率をアップさせる物が大半ですので、ボスがサーヴァントの場合は効果が薄いですが、HPの高い雑魚敵などでは、非常に良い効果が見込まれます。

 

呪腕のハサン
みんな大好きジャスティス☆ハサン先生こと呪腕のハサン
低レアで即死効果の高い宝具は、OC500%だと雑魚では確定即死だったりします
(効かない雑魚敵ももちろんいたりしましが、、、)
ニトクリス
エリちゃん系ポンコツファラ☆オニトクリス

 

数の多い雑魚敵を一蹴する際に便利なニトクリスの宝具。
敵全体に即死効果が望め、OCで即死確率が上がり、エジプト魔術のスキルで自身の即死成功率を上げ、高速神言のスキルでNPを過剰に獲得することが容易です。
OCの効果を感じるにはうってつけのサーヴァントかもしれません。種火が全部即死で死んだときの気持ち良さは、一回味わうと癖になりますよ 
後に解説する「魔性菩薩」と合わせれば、かなりの確率で即死を決めることが可能です。

 

OCを狙う礼装

 

宝具チェイン以外だと、OCを狙って出すには結構大変です。
サーヴァントのスキルとしては、エジソンの「概念改良[A+]」を使うことで、チャージ量を2段階引き上げる事が可能です。
パーティメンバーに左右されない礼装では、主にNPをチャージした状態で戦闘に参加出来る物や、サーヴァントのNP獲得量をコントロールすることで、OCを狙いやすくすることは可能です。

 

天の晩餐
☆4礼装で比較的出やすく限凸しやすい天の晩餐
蒼玉の魔法少女
☆5しかも限定ですが、効果が高い蒼玉の魔法少女
NP獲得量を上げ、更にNPを40%チャージした状態で戦闘に参加できます
 

 

どちらもNP獲得量が増える礼装です。蒼玉の方は限定礼装なので、通常の召喚でも出やすい天の晩餐などを装備してNP獲得量を増やして見るのも良いでしょう。

カレイドスコープ
虚数魔術
龍脈
お馴染みNPチャージ系の礼装群
龍脈はフレンドポイント召喚でも出てくるので重ねやすくもありますね 

戦闘開始時にNPをチャージした状態であれば、OCを狙いやすくもなります。こちらはOCを狙わなくても有用な礼装ですね。 

 

魔性菩薩
1回だけOCを2段階上げ、NPをチャージした状態で戦闘開始できる魔性菩薩

 

1回だけ、OCを2段階上げます。エジソンのスキルと同様の効果を発揮することが出来ますが、こちらはNPが初期から50%チャージされた状態となり、よりOCを引き上げる事がたやすくなるでしょう。
カレイドスコープや2030年の欠片と並ぶ程の壊れ礼装じゃないかと、個人的には思います。


いかがでしょうか?
宝具はFateのサーヴァントの花でもあります。そのため、OCで威力が上がるわけではなくても、とても面白い効果がアップする物が多々あります。
自分のカルデアにいるサーヴァントのマテリアルを見てみて、宝具の効果を今一度確認をしてみると良いかもしれません。ひょっとすると、今まで惰性で使っていた宝具チェインの順番が変わったり、別の礼装をつけてみたりなど、色々と戦術の幅が広がるかもしれません。

では、よいカルデアライフを! 

【C90】鈴宮きりはさん(星屑宝石)|「ラストシーン」「grand finale」「You're My Only Shinin' Star」

twitterだとどうしても1ツイートに纏まらないので、blogで長々と感想を書いていきたくなりまして。
ええ、こういうとき感想を纏めるのが苦手だと辛いですよねぇ。

C90星屑宝石
鈴宮きりはさん(星屑宝石)

==== というわけで、C90で最も楽しみだったサークルさんの一つである『星屑宝石』(鈴宮きりはさん)の三作品の感想を書こうかと。
実はツイッターの方には出していたりするのですが、やはりこれはblogで感想を書かなければ、この本がどんなに素晴らしいかが伝わらないだろうと思ったので、少し長くなりますが徒然と。




  • かなまり本「You're My Only Shinin' Star」

     タイトルは中山美穂さんの同名曲でしょうか。まさにそれと同じようなシチュエーションの、夜の海と星のお話です。
     もう、お試しやお品書きなどを見つつ、更にサンシャイン!! を見ているときのツイートだったりを拝見しながら、まだかまだかと待ち続けていた、まさに待望の本でした。
     夜の海に潜る果南と、それを星空のように例えているのが、おしゃれな感覚でやはり良い雰囲気です。
     海から上がった果南を鞠莉が入念なボディタッチで逢いびきするシーンはなんというか、男ですが「キャー!」となりそうな気分でした。細い線で描かれる生々しいシーンとでも言いますか。
     それでいて、心の中では鞠莉とは違うダイヤがよぎる果南がなんだかもどかしくてもどかしくて。グループの居心地の良さ、大事なものを壊したくない、という果南の心情が自分も共感できて、感情移入度がすごかったです。
     鞠莉にとっても果南の感情は分かり過ぎるくらいわかるでしょうし、だからこそ果南にとって一番であるダイヤは、鞠莉にとっても大切な友人なんだという感情が分かってしまって。。。
     果南にとってダイヤが一番かもしれませんが、鞠莉は「唯一無二の輝かしい星」であるからこそ、暗闇の中でも「大丈夫」なんでしょうね。こういう表現本当に好きです。
     鈴宮さんはこういう葛藤や心の交流が非常に上手な印象で、読むたびに心が締め付けられる気分で、良い百合ですよ、本当に。

     それで、ツイッターでつぶやいていた追加のページかと思いますが、ラストのお話。あぁ、ダイヤさんが愛おしくて仕方がない。ダイヤにとっても二人が大切であるという事が伝わって来るので、もう3年生3人とも愛おしくて仕方がないですよ!  まさに6話があったからこそのダイかなまりですよ! 

  • のぞえり本「ラストシーン」

     この本については、あまり多くを語る事がはばかられるほどの、美しいラストシーンです。
     今までの鈴宮さんが描いてきたのぞえりがあるからこその、とても綺麗で美しい。
     時間が経てば経つほど不安になっていく希を、意図しないプロポーズの言葉で解消していく絵理。そのどちらも愛おしい感情で溢れていて。離れていても必ず再び巡り会える。永遠の恋人であり続ける二人だからこそ、あの美しい再会に繋がっている。
     とても心地よい読後感なのに、なんだか涙が出てきてしまいました。
     もう鈴宮さんののぞえりが読めないのではないか、というくらいに綺麗に終わってしまっているので少し寂しい感じですが。短くても良いので、もっと鈴宮さんののぞえりを読んでいたいです。

  • μ's+のぞえり本「grand finale」(夏限定セット本)

     ファイナルライブが終わった後、少し経ったくらいのμ'sが集まる本。でも、全員は集まることが出来なかった。それでも繋がっている。離れていても、姿が見えなくても。あの歌がみんなをつなげている。素敵だった未来に繋がった夢 夢の未来。
     あとがきでの、卒業生と在校生のお話がとても素敵で。あとがきを読んだ後にまた繰り返し読んでみると、なんだかあの光景を思い出して、涙腺にきますね。


 圧倒的なまでに心を揺さぶられる本で、もっともっと読みたい。この読後感に浸っていたい、と思わせていただける、まさに百合の迷路です。
 伊勢日向、のぞえり、かなまりと私をとても楽しませてくれていますので、お体に気をつけて、これからも素敵なお話を描いていただきたいと思います。

【雑記】今更MBAを購入しました

image
初めてのMac



というわけで、お久しぶりでございます。
ちょっと色々あってトチ狂ってしまったので、MacBookAirを購入しました。
13インチを購入しましたが、画面が大きいとキーボードも大きくて打ちやすいですねぇ。

Windows一筋だった私がMacを購入することになるとは思っていませんでしたが、強いて理由を挙げるとすると、二つ。
一つは今までiPhoneiPadを使っていたので、どうせなら母艦はMacにしようかな、ということと、もう一つはSwiftを勉強してみたくなったので、という理由です。

iOSアプリの開発環境としては、OSX環境は必須かと思っておりましたので、それならまぁそれなりに安いし、ちょうどノートPCを新調しようかどうか迷ってたから、買ってしまおうかな、と。

現在のところ、ちょろっと触って色々試していますが、やっぱりFinderが一番慣れないという感じでしょうか。パッドやキーボードについては、iPadを使用していたこともあり、そこまで苦労はしませんでしたが、iPhoneから読み込んだ写真がどこへ行っているか、ファイルとディレクトリ単位で管理していた今までがあったので、さすがに辛いです。

でもまぁ、やっぱり薄いので持ち運びには便利ですし、慣れたらそれなりに色々使えるスペックはあるので、これから頻繁に使っていこうかな、と思ってる次第。
周りにMacユーザーだと知っている人は、一人しか心当たりがないので、色々と教えてもらいつつ頑張りますわ。





 

【C89】『FRYASH』 葉月軒さん

初めて購入させていただいた、ゆきありの妹s本だと思います。 ====

FRYASH
『FRYASH』 葉月軒さん

島中をウロウロしていた際に、表紙が気になって中身を読んで、購入させていただいた葉月軒さんの雪穂・亜里沙コンビのお話しです。

3年生卒業後のお話で、ラブライブ! 番外としてデュオユニットのトーナメントを行う事、それにゆきありも参加しようと意気込むけれど、3年生になった穂乃果・海未ペアも出場する事を知ったゆきありは。。。という内容です。
好きな場面としては、ことりにμ’sの衣装を見せてもらうことになったゆきありの、その覚悟が共感を持てたことだったりします。伝説的ユニットμ’sメンバーの妹としてではなく、あくまでも彼女たちは別のユニットであるという覚悟をもって、ほのうみと渡り合おうとする二人の場面を見て、「あ、これはここで買わないといけない本だ」と思いました。
自分は時間軸を卒業後にした本も色々購入させていただいたりしているのですが、ゆきありメインの卒業後の本というのを購入したことがなかったんですよね。出会いとしては表紙絵に惹かれて、という感じなのですが、事前にチェックしていなかった本をこういう形で読める幸運に感謝です。

ラストの、親友として、ユニットとして、とても微笑ましいゆきありの二人がこれからどんな活躍をするのかを思い浮かべることが出来る読後感が心地よく、好きな作家さんの一人となりました。
とても良い本をありがとうございました。


【C89】『GOGO! サンシャイン!!』 大島智さん/スイートピー

この三連休にようやく戦利品を読み終えました。
twitterにて、作家さんは感想をいただけると嬉しいというお話を見たんですよね。
twitterだと文字数制限の関係上、複数リプライを送ることになってしまうので、それはちょっとなー、と。
それならば、とblog記事にて感想を書こうかと思いまして。 ====

GOGO! サンシャイン!!
大島智さん/スイートピー 『GOGO! サンシャイン!!』


私がいつも購入させていただいている、大島智さんのサークル『スイートピー』の「ラブライブ! サンシャイン!!Aqours本です。
今回はルビィちゃんの男性恐怖症を克服するためにメンバーが頑張る、というルビィちゃん中心のオールキャラ本ですね。

何が嬉しいって、冬コミも事前チェックで数が少なかったAqours本が、まさかいつも購入させていただいているサークルさんから出ているって事ですよ! お話や絵が好みである上に、ダイルビ姉妹やらヨハネやらが描かれている本をこんなにも早く読めることが出来る、ということも非常にうれしいです。

内容的には、CDのお渡し会が開催されるため、ルビィちゃんの男性恐怖症をどうにかしないといけないと考えたダイヤが、メンバーに男装してもらって訓練をするというもの。
初期絵里を思わせるような自由奔放なマリーと、突っ走るちかっちが場をかき乱し、ヨハネが自分の道を突き進み、花丸がルビィに対して萌えまくり、果南がちょろっとダイヤに協力的になったりしつつ、梨子と曜がフォローに回る、というキャラの関係性になっています。。
CDの自己紹介を聞いた際の自分も同じような光景が見えていたので、こういう本がこれからもっと出てほしいなぁ、と思うのですよ。
個人的に、男装した果南がすごく好みで。ダイビングで鍛えているだけあって、男物でかっこよく見えてしまうのだろうなぁ、と。それにときめいているダイヤも可愛かったので、目の保養です。
あと、大島さん一押しカップリングのルビまるがかわいくてかわいくて。きょとんとしているルビィも可愛いし、それにキュンキュンしてる花丸が可愛いし、もうなんなんでしょうか!
もっともっと大島さんの描くこの9人のお話が読みたい! と思わせる、そんな1冊でした。

あと、冬コミのお話として。
新刊セットで購入させていただいたのですが、実はこの本が2冊挟まっていたんですね。
気づいたのが自スペースに帰ってからだったので、1冊お返ししようと思ってスペース裏へ伺ったのですが、お忙しいにもかかわらず丁寧に対応していただいて。大島さんに直接「頑張ってください」とお声かけ出来たのがよかったなぁ、と思いました。